下部内視鏡検査


 平成19年度より拡大内視鏡を導入いたしました。

 先端に100倍ズーム機能を有し、ポリープの微細なピット(腺口)を観察することにより、瞬時にポリープの良性・悪性がわかり、さらにその場で切除するべきか、経過観察かの判断ができます。 また当院は、10mm未満の小さな腫瘍性ポリープを専用スネアーでポリープの根元を絞めて粘膜の病変のみを摘除するコールドポリペクトミーを日帰りで行っております。

 

検査について

 

 ・検査前に既往歴の有無、便通状態、内服薬の有無を確認させていただくため、事前に受診し診察を受けていただきます。

 

・健診にて要精査の方は必ず健診結果一覧も持参のうえ受診ください。

 

・検査前日の検査食を当院にて購入していただきます。

 

・原則として、自宅にて洗腸剤をのみ、当日9:30に当院へ排便状態の確認の電話をしていただいております。

 

・ただし、高齢でひとり暮らし・遠方から等受診の方は、8時来院し院内にて洗腸剤を飲んで、午前中は排便状態を看護師が観察をしながら確認し、昼~午後にかけて検査していただく場合があります。

 

・コールドポリペクトミーを予定されるかたは、当日以外に、翌日受診または電話での対応あります。長時間の運転やアルコール飲酒や激しい運動・遠方旅行は、当院では10日間遠慮していただいております。

 

検査前日

 

・選択した検査食と水分透明な飲み物(水・お茶・コーヒー・紅茶・炭酸飲料・果実の入らないジュース・スポーツドリンク)は

  普段より多めに飲んでください。牛乳・青汁・スムージ・アルコールは控えてください。

 

・市販のアメやガム・ソフトキャンディは、食べることができます。

 

・夕食後に便通を整えるためにお薬を飲んでいただきます。内服薬は服用してかまいません。

 

検査当日

 

・朝から絶食です。 糖尿病治療薬は絶食ため服用できません。それ以外の内服薬は、食事できませんが服用できます。

 

・洗腸剤を服用します。このとき水またはお茶は飲むことができます。アメやガム、ソフトキャンディは来院直前まで食べることができます。

 

・9時30分頃に病院へ電話で便の状態や、回数、お腹の具合を連絡していただきます。この時、便の状態や回数やお腹の具合が悪い 時には、早めに来院いただきます。

 

・検査前に薬を注射しますので、車での来院は控えてください。

 

・受診後は、待合室にて検温・血圧測定・便通カードに記入して、お待ちください。

 

・担当看護師がご案内し、検査着に着替え検査の準備をしていきます。

 

・検査前に薬を注射しその薬による副反応があるため、車での来院はご遠慮いただいております。

 

検査後の注意

 

・検査時間は約1時間です。検査後はベッドで休んでいただきます。

 

・トイレに行っていただき、げっぷやおならがでたか、お腹の張りがないか等を確認します。(検査後の状態観察のためです。)

 

・場合によって、検査前から点滴をすることがあります。

 

・帰宅後の飲食に制限はありませんが、消化の良い食事をおすすめします。

 

*コールドポリペクトミー施行された方は、当日夕~翌日午前中水分のみ摂取で、翌日当院受診または電話での対応としていただいております。 受診の際は体温・血圧測定し、お腹の具合や張り具合を医師が診察し、食事可能な時間帯をお知らせします。電話での際は、体温測定、お腹の張りおならの有無等を医師が対応していただいております。